買い替え時の注意

Pocket

一眼レフカメラのメーカーには、人気の二大メーカーであるキャノン(Canon)、ニコン(Nikon)以外にも、ソニーやオリンパスなどがあります。それぞれ、特徴のあるカメラを発売しており、買い替え時にも悩むところ。さらに、最近では、気軽に持ち歩けて一眼レフカメラの雰囲気を楽しめるミラーレス一眼カメラも選択肢に入ってきました。いろいろなメーカーのカメラの機能を見ていると悩ましいところですが、ちょっと待って。古いカメラを買った後、レンズを買い足したりしていませんか?

実は、レンズは同じメーカーのカメラボディであれば、そのまま使うことができます。レンズキットについていた望遠レンズや標準ズームレンズも、新しいカメラで活用することができるのです。同じメーカーのカメラを選べば、カメラ本体だけを買い替えるだけでよいので、購入資金を抑えることができます。

ただし、メーカーによっては、新旧の機種でAF(オートフォーカス)機能の互換性がないものも。例えば、ニコンの最新の入門機のボディには、本体の重さを軽くする目的でAF機能がついていませんが、かつてのニコンのボディにはAF機能がついているのが普通だったため、レンズにAFモーターが内蔵されていませんでした。最新のニコンのカメラを買って古いAF機能がないレンズをつけると、AFが動作しないことになります。このような場合は、思い切ってメーカーを乗り換えるのも一つの選択肢になります。