買い替え時の注意

Pocket

一眼レフカメラのメーカーには、人気の二大メーカーであるキャノン(Canon)、ニコン(Nikon)以外にも、ソニーやオリンパスなどがあります。それぞれ、特徴のあるカメラを発売しており、買い替え時にも悩むところ。さらに、最近では、気軽に持ち歩けて一眼レフカメラの雰囲気を楽しめるミラーレス一眼カメラも選択肢に入ってきました。いろいろなメーカーのカメラの機能を見ていると悩ましいところですが、ちょっと待って。古いカメラを買った後、レンズを買い足したりしていませんか?

実は、レンズは同じメーカーのカメラボディであれば、そのまま使うことができます。レンズキットについていた望遠レンズや標準ズームレンズも、新しいカメラで活用することができるのです。同じメーカーのカメラを選べば、カメラ本体だけを買い替えるだけでよいので、購入資金を抑えることができます。

ただし、メーカーによっては、新旧の機種でAF(オートフォーカス)機能の互換性がないものも。例えば、ニコンの最新の入門機のボディには、本体の重さを軽くする目的でAF機能がついていませんが、かつてのニコンのボディにはAF機能がついているのが普通だったため、レンズにAFモーターが内蔵されていませんでした。最新のニコンのカメラを買って古いAF機能がないレンズをつけると、AFが動作しないことになります。このような場合は、思い切ってメーカーを乗り換えるのも一つの選択肢になります。

一眼カメラの買取り

Pocket

カメラブームで、街中を歩いていても一眼レフカメラを持っている人をみかけることも多くなりました。かつて「手に届かないカメラ」だった一眼レフも、今では手頃な入門機が各メーカーから発売されています。新しい機能がついたり、機能が向上したりした新しい商品の発表サイクルも、今では短くなってきました。フィルムカメラの時代は、一旦カメラを手に入れてしまえば、ずっと使い続けていくものがカメラでしたが、デジタルカメラの時代になり、カメラも、他の電化製品と同じように、新しいものに買い換えていく時代になっているのです。

とはいえ、一眼レフカメラは高価なもの。手頃な価格の入門機でも5万円から10万円のものがほとんどです。高性能の中級機なら、20万円近い機種がほとんど。次々に買い替えたくても、そう簡単にはいかないもの。まだまだ使える、これまで使ってきたカメラももったいなく思えてきます。

そんな悩みを解消するのが、カメラの買取サービスの利用です。古いカメラを買取専門店で買い取ってもらい、新しいカメラの購入資金の一部にすれば、少しだけ資金を追加するだけで、狙っている機種も手に入れやすくなります。最近では、カメラ専門の買取店も増加。カメラ本体だけでなく、レンズや三脚、カメラケースなども買い取ってくれるようになりました。

このサイトでは、一眼レフの買い替え時に気をつけたいポイントと、上手に活用したい買取サービスについて紹介します。